応援メッセージ 11月

メール・Facebookに「太陽」の皆様から「月光」へ、たくさんの応援メッセージをお寄せ戴いております。その中から抜粋し、ここでご紹介させて戴きます。皆様の心温まるメッセージ、本当に有難うございます。(尚、メール本文に個人が特定出来る内容が含まれている場合は、その箇所を除いて掲載させて戴きます)

 

京都府京都市 NA様「生産者へ直接行う復興支援をネットで探していて見つけました。相手のためにもなって自分も嬉しいというのを希望していました。口数は、家族4人分ということで4口としました。海苔楽しみにしています!」

東京都品川区 TS様「過日、K校(栗原市)の同級会が東京で開催され、Sさんからこのプロジェクトを紹介されました。故郷を離れて40年近くなりますが、学生時代松島湾の島に住む友人宅を訪れた記憶がよみがえりました。長い年月で音信も途絶えていますが、3.11以降元気で居るのか気にかかっています。元気でいることを願って、恥ずかしいほどの微力ですがこのプロジェクトを応援させていただきます。」

東京都江戸川区 SH様「㈱トラベル東北様のボランティアツアーに昨年9月と今年3月の2回参加させていただきました。「月光海苔加工工場」完成、おめでとうございます。トラベル東北様からお知らせが届き、うれしく感激の気持ちでいっぱいになりました。また、宮戸に行きます。月光のみなさんも、寒い中の作業は大変だと思いますが、お身体を大切にしながら、ご活躍ください。おいしい海苔が届くことを楽しみにしています。

宮城県多賀城市 OH様「今回皆様のプロジェクトを知り、是非参加させて頂きたいと思い、ご連絡させて頂いております。そちらの月浜地区には、かねてより親戚が在住し、海苔の養殖や民宿業に携わっておりました。そのおかげで私は、幼少の頃より大変美味しい海苔をたくさん食べられる環境にありました。ところが最近では、震災の影響によりなかなか美味しい海苔を食べることができない状況です。「仕方ない」と諦めかけていたのですが、本日、県内のニュースで東松島の海苔が再開したとの報道を拝見致しました。その報道を共に喜んでいた母から、皆様のプロジェクトの存在を聞き、微力ながら少しでも力になれたら思いまして、今回の参加を決めました。震災後からの皆様の御苦労は計り知れないものと思います。心よりお見舞い申し上げます。こういったプロジェクトを立ち上げるまでも、長い道のりだったこととお察しします。私に出来ることはごく些細なことでしかありませんが、息の長いご協力をさせて頂けたらと考えておりますので、どうぞよろしくお願い致します。寒い時期となって参りました。皆様、どうかお体に無理のないようお過ごし下さい。美味しい海苔が届く日を、心よりお待ち申し上げております。」

京都府木津川市 TY様「私、NPO法人京都発・竹・環境ネットのメンバーで、木津川市でお会いしましたTです。先日は、シンポジュウムで木津川市まで来て頂きありがとうございました。引き続き補修用のやはづを作っています。遅くなりましたが一口送金しました、気持ちだけですが、一日も早く復興できますようお祈りいたします。」

千葉県松戸市 HE様「以前、なのはな交通のボランティアツアーで東松島に行きました。ボランティア作業後に月浜地区に立ち寄り、海苔筏の組み立てを見学をし月光プロジェクトの話を聞きました。復興には、まだまだ時間が掛かりますが今の私に出来ることは、産業を活発にしていく一口オーナーになることだと思い応募しました。ブログも楽しみに見ていますので更新してください。寒さ厳しくなってきたので、お体には気をつけてお仕事がんばってください。」

記事掲載『市報ひがしまつしま』

東松島市の「市報ひがしまつしま」11月号のトップページから

2ページにわたり、月光が紹介されました。

主に、ご支援・ご声援を戴いている皆様への感謝の気持ちについて

お話させて戴きました。日頃応援をして戴いている方々に、

感謝の気持ちを是非お伝えしたいので、お読み戴けると嬉しいです。

一口オーナーの皆様の「月光の太陽」と、大海原の「大洋」の意味を持つ、

我々の共同利用船の「たいよう」も、トップページに船名入りで載っています。

※尚、本文中に「月浜にボランティア1300人超」とありますが、「月浜」

でなく「月光」が正解です。月浜には、これまで数千人のボランティアの

皆様にお越し戴いています。皆様本当に有難うございます※

http://www.city.higashimatsushima.miyagi.jp/cnt/koho/index.html