応援メッセージ 5月

メール・Facebookに「太陽」の皆様から「月光」へ、たくさんの応援メッセージをお寄せ戴いております。その中から抜粋し、ここでご紹介させて戴きます。皆様の心温まるメッセージ、本当に有難うございます。(尚、メール本文に個人が特定出来る内容が含まれている場合は、その箇所を除いて掲載させて戴きます)

千葉県四街道市 HK様「わたしは、里浜のOくんと何かと活動を共にしておりますHともうします。月浜へは、何度も足を運ばせていただいております。この度は、僅かですが参加させていただきます。」

東京都中央区 KM様(Facebookより)「(船おろしについて)少し​ずつ復興の歩みが見えてうれしいなあと思っています。海​苔養殖を軌道に乗せることをイチバンに、ふんばってくだ​さい!」

京都府京都市 HK様「笑福亭こうへいさんの「ほっかほっかラジオ」でこのプロジェクトの事を知り、是非、応援させて頂きたくメールしました。尚、6月14日に仙台に仕事で行く機会があります。よろしければ、月浜の海苔工場を見学させて頂きたいと思っています」

京都府木津川市 FT様(Facebookより)「(船おろしについて)嬉しいですね。前へ前へ進んでいるんですね。いつか月浜​を訪ねてぜひ「たいよう」に乗せていただきたいと思いま​す。これから益々忙しくなりますね。いい海苔が出来ます​ようにお祈りしています」

福岡県福岡市 UM様「皆様お忙しい毎日を送られていることと思います。今回わずかな金額ですがオーナーとして申し込みを致します。震災後、何か何かと考えるだけで何をどうしていいか行動に移せないまま時間が過ぎていっていました。そんな時に、このプロジェクトを知ることができました。東京にいる娘がボランティアとしてそちらへ伺って大変お世話になったとの事。ありがとうございます。そんなご縁もありまして 今回参加をさせて頂くことにしました。皆様のお仕事とご家族 地域前に進むための力になれれば嬉しく思います。」

茨城県牛久市 KY様「5月4日になの花交通のボランティアバスで作業場を見学させていただきました。初めてのボランティア参加だったのですが、被害の大きさを目の当たりにしたのと同時に現地の方たちの前向きな取り組みに逆に力をいただきました。少しですが復興に向けての応援が出来ればと思います。皆さまの事業と生活の再建を心よりお祈り申し上げます」

宮城県仙台市 TM様「この四月に札幌から故郷仙台に戻ってきました。妻と近所の大崎八幡宮にお参りに行った際,貴プロジェクトを知りました。大学時代(美術部)に何度か月浜で合宿をしたことがありまして,そのご縁を思い出し,わずかですが応援をさせていただきたく思った次第です。全国の多くの方々からたくさんの支援を受けられていて,お役にたつような金額ではないと思いつつ,送らせていただきます。 「がんばれ月光,甦れ月浜!」

宮城県仙台市 KM様「先日、友人がボランティアで月浜におじゃましたことがきっかけで「月光」を知りました。東松島市に関する1口オーナーのようなものを探していたのですが、検索でうまく見つけられず、あきらめていたところでした。(石巻のはいくつも見つけたのですが)東松島市の出身で、月浜は、子供の頃に何度か海水浴に行きました。直接のお手伝いができませんので、送金をさせていただきたいと思います。ほんの少しですが、お役に立てれば幸いです。」

神奈川県横浜市 NN様「松島観光の帰り道、ふと奥松島を訪ねた者です。 松島は比較的被害は少ないと聞いていましたが、目の前に広がる現実を見て正直驚きました。たやすく頑張ってくださいとは言いません。しかし、、皆様がもう一度力を合わせて海苔事業の再開を目指していることを知り、少しでもお力添えになればと思い、一口オーナーに参加させていただきます。おいしい海苔作りが再開できる事を願っています。」

千葉県佐倉市 KH様「トラベル東北の土日宮戸島ボランティアツアーに2011/10と2012/3/31の2回参加しました。月光代表の山内さんには、2回ともお会いしました。月並みな言葉ですが、「継続は力なり」の格言を送らせていただきます。」

愛知県名古屋市 NS様「GWに、トラベル東北のツアーで筏作りボランティアに参加させていただきました。まずは海苔の生産を復興させ、活気ある浜辺と美しい山間の農地が蘇ることを願いつつ、末永く応援させて頂きたいと思っています。」

東京都板橋区 TY様「5月5日にDSPの一員としてボランティア参加させていただいた者です。当日は、素敵な経験をさせていただきありがとうございました。先ほどプロジェクトに一口申し込ませていただきました。8日の入金になるかと思います。あの筏で海苔ができる日を楽しみにしています。」

神奈川県厚木市 TT様「5月5日、DSPメンバーとして家族3名が、海苔のいかだ作りのお手伝いをさせていただきました。これからも、海苔養殖の事業を再建するには、大変な努力が必要と思われますが、今回は、わずかながらの支援をさせて戴きます。頑張ってください。新しい月光看板もfacebookにて確認させて戴きました。」

東京都練馬区 YY様「4/28~30、トラベル東北様のボランティア・ツアーでボランティアをさせて頂いたYと申します。楽しく筏作りのお手伝いをさせて頂き、また、いろいろなお話を聞かせて頂き、とても充実した時間を過ごすことができました。ありがとうございます。月浜の皆様のご健康と、一日でも早く、今後の見通しが確かなものになるようお祈りします。機会を見つけ、また訪ねたいと思います。」

青森県弘前市 NS様「私たち家族が石巻市に居るときには大変お世話になった海が・・・Hさんにはお世話になりました。少しでも応援できればと思います。がんばって下さい。」

神奈川県相模原市 SH様「□どの様に月光をお知りになったか職場の友人がGW中にボランティアでそちらへ行った話を伺った。□また月光へのメッセージもお聞かせください。何か少しでもお役に立てればと思っていたので応援させてください。メンバー紹介にある海苔に対する姿勢や熱い思いに感激しました。美味しい海苔を食べたいです。」

京都府京都市 TS様「月光プロジェクトは東北トラベルのボランティアツアーに参加したNさんからお土産と共にやってきたパンフレットで知りました。了承のお返事を頂けましたらゆうちょ銀行に走りたいと思います(^▽^)海苔が大好物なのでとても楽しみにしていますが、自然相手でもあり被災されてとても大変だとお察し致しますので年明けに発送が困難だったとしてものんびり楽しみにお待ちします ご無理だけは無いようにお気張り下さい」

兵庫県西宮市 KM様「私がずっと考えていた「私の何か出来ることはこれだ!」と思いました。パートですが、定期的に収入が入る目処が出来ました.一口で僅かですが、オーナーとして皆様を陰ながら応援させて頂きたいと思い、申込みました。病気から回復後、今週末から初めての復活ダイビングで沖縄の小浜島に行って来ます。ですので、振込が来週の後半になってしまう可能性がありますが、必ずお振込させて頂きますので、しばらくお待ち下さい。皆様もお体をご自愛されつつ、日々一歩ずつ復興への道を歩まれ、嬉しいお便りが届くのを楽しみにしています。

大阪府大阪市 ST様「今回、偶然にもTVで月光PJのことを知ることができ、月浜のために少しでもお役に立つことができればと思い振込みしました。小額ですが、出来る範囲で末永く続けたいと思います。そして、1日でも早く、前の美しい月浜を取り戻していただきたいと思っています。」

大阪府大阪市 TT様「先日テレビにて拝見させていただき、皆さんの頑張りに感動しました。当方年金者で一口しかできませんが、参加をさせてください。陰ながら応援しておりますので、頑張って下さい。」

兵庫県丹波市 HK様「昨日テレビを観ていたらこちらのプロジェクトを紹介していました。今なお大変な思いをされている東北の方々のことをずっと気にはかけているもののこんな遠方からではどうしようもなく、せめて寄付でもと思いテレビ放送などを日ごろから気にかけておりました。些細なお金ですが、オーナーとならせていただきたく思います。」

兵庫県姫路市 US様「ニュース アンカーで知りました。私も生活が他人の為に予想もしなかったことに巻き込まれました。でも、健康であればと今に至っています。日本の復活は、被災地の再建なくして成り立たないと思います。少しでも協力させて下さい。」

大阪府大阪市 M店様「TVでご健闘されている姿をみて、感激いたしました。無制限に頑張れという言葉を使いたくありません。軽い言葉になります。毎日、一歩でもいいですから、前進していただければ幸いです。些少ですが、一口、お納めいただければありがたいです。」

大阪府泉佐野市 OH様「5月17日の関西テレビのアンカーという番組で、紹介されていたので、何か役に立てばと思い、参加させていただきました。今後も応援いたします。」

神奈川県逗子市 SY様「5月19日20日東北トラベル主催のボランティアツアーに参加し海苔筏製作のお手伝いをさせて頂き、月光PJを知りました。復興に努力している姿に感銘をしましたし、多少でも関与した海苔筏で出来た海苔を食したいと思っています。」

大阪府八尾市 WS様「“月光”さんの復興活動は、先日の「関西テレビ ニュース アンカー」で知りました。壊滅的なダメージを受けながらも、復興への前向きな一歩を踏み出そうとされている月光の皆さんの姿に感動しました!私も微力ながら協力させてください。」

兵庫県神戸市 IM様「阪神淡路大震災の時にしてもらったので、何かしたく、義援金はしたのですが義援金といっても、自分がした義援金が何に使われているのだろうか?と言う思いは、ずっとありました。震災に遭われた方にとって、本当にいい使われ方をしてるのか?去年は義援金をしたけど、今年はどうすればいいのだろうか?と思っていた時テレビで月光プロジェクトをみて、これなら、目に見えて分る使われ方をしてもらえると思い1口オーナーになる事を決めました。道のりは大変だと思いますが、色々な喜びもあると思いますので頑張って下さい。プロジェクトが順調に進む事を願っています。」

大阪府堺市  AY様「一週間ほど前になりますが、関西のテレビでプロジェクトを拝見いたしました。40数年前になりますが、私が社会人としての最初の勤務地が仙台市でした、5年ほどの在住の間に毎年夏になると、職場の数人で「月浜」にキャンプに寄せていただいていました。昨年の震災で、どうなったのか気にかけていたのですが。復興に向け努力されているようで、少しばかりですが応援させていただきたく応募いたします。復興には時間がかかると思いますが、その日が来ることを祈念いたします。」

東京都港区 TI様「弊社の会長より月光プロジェクトのことを伺いました。有志で申込いたします。1口で申し訳ないのですが、復興の一助となれば幸いです。松島は震災前に旅行で行きました。とても素敵なところで心に残っています。海苔も大好きで、自宅では食べない日がないくらいです。いろいろ大変なことが多いと思いますが、どうぞ頑張ってください。復興をお祈りしています。」

岡山県倉敷市 EY様「ボランティアでお世話になった岡山のEです。お元気にされてますでしょうか。月浜では親切にしていただいて、とても嬉しかったです。皆様の人柄に惚れました。口数少なくてすみませんがよろしくお願いします。お体に気を付けてください。おいしい海苔ができるのを楽しみにしています。」

兵庫県明石市 KK様「関西テレビのアンカーを見ました。一口ですが振込させていただきました。またおいしい海苔ができるように願っております。がんばってください。」

大阪府大阪市 GK様「以前(DSP)ボランティアでイカダ作りに参加させていただいた者です。大阪に戻ってからFacebookで少しずつ前進し変化している写真を見て嬉しく想います。まだまだ大変だと思いますが頑張ってください。」

大阪府門真市 OT様「関西のアンカーと言う報道番組で特集をみました。頑張っている人が大好きです。自分も病気なのてすが絶対負けたくないてす。」