WEB配信『ネットアクション』

「震災に対して情報通信技術は何ができるのかを考えるサイト」で、

経産省商務情報政策局情報プロジェクト室の委託を受け、

(株)三菱総合研究所様などが運営しているサイトで、月光の記事を掲載して戴きました。

http://netaction.openlabs.go.jp/20120321-5.html

応援メッセージ 3月

メール・Facebookに「太陽」の皆様から「月光」へ、たくさんの応援メッセージをお寄せ戴いております。その中から抜粋し、ここでご紹介させて戴きます。皆様の心温まるメッセージ、本当に有難うございます。(尚、メール本文に個人が特定出来る内容が含まれている場合は、その箇所を除いて掲載させて戴きます)

宮城県仙台市 IT様「山内さんの民宿でお世話になりました。山海の珍味がおいしかったです。又、月浜に遊びに行きます。「うに祭り(?)」再開を待ってます。」

京都府木津川市 FT様 「月光プロジェクトのメンバーの皆様  あれから一年 毎日大変な思いで  頑張っておられる事と思います。小さなお手伝いしか出来ませんが、遠く京都の地から応援しています。皆様のご健康とプロジェクトのご成功をお祈りしています。」

群馬県藤岡市 TY様「3.11からもうすぐ1年が経とうとする中で、何か一つ自分にできることを探していたように思います。また、学生時代を岩手で過ごし、塩竃や松島、馬放島、金華山などへ足を運んだことがあったことも背中を押されるきっかけとなりました。9 みなさんへわずか1年の間に様々な辛苦を味わってこられたことと推察いたしますす。しかし、それらのことに挫けず明日に向かおうとされる皆さんの一助になればと思っております。これといったお手伝いもできないまま1年が経とうとしていますが、これを機会に、何かできることに取り組めたらと考えています。今後とも、よろしくお願いします。」

東京都江東区 SE様「ほんの少しですが、まずは個人的に協力させて頂きたく、本日2口分を振込ませていただきました。皆さんの凛々しさ、雄々しさが眩しかったです。素晴らしい作品(海苔)を作られることを心から楽しみにしています!!!!!御身体にきをつけて。私達はいつも皆さんの事をお祈りしています!」

神奈川県川崎市 HE様「初めまして、このたび東日本大震災の被害を被りながら、素晴らしいプロジェクトを立ち上げられましたことには、並々ならぬご努力並びに、素晴らしいご決断をされましたことに応援をいたしたく一口オーナーに参加をさせて頂きました。」

京都府京都市 KH様「子供の頃、夏はいつも相馬市の松川浦に海水浴に行き、海苔の養殖の網のところで、潮干狩り、魚釣りしてました。本当に少なくてすみませんが美味しい海苔を是非作って下さい。関西は味付け海苔ばっかりで寂しいです。寒さもまだまだ厳しいと思います。お身体に気をつけて下さい。」

神奈川県川崎市 MK様「以前、月浜の海苔を知り合いから頂きました。とても美味しく幸せな気分になった事が忘れらません。今回、このプロジェクトの存在を知り、是非協力させて頂きたいと思いました。再出発をされ、まだまだご苦労がたくさんあるかと思いますが、困難な状況でも育ってくれた海苔達に負けないよう前に向かって進んで行かれることを心よりお祈りいたします」

山形県東根市 MY様「山形県の 東根市に 住んでますが 昨年の 震災以来 わが市でも いろいろ 復興のお手伝い させていただいていますが早いような 遅いような 複雑な想いの 一年が 過ぎ去ろうとしていますが私も なにか お手伝いしたい なんて 考えながら ネットを見ていて 月光プロジェクト 知りました。私の様な者でも 少しでも 役に立てる そんな思いで たった1口ですが 支援させていただきます。いろいろ 困難なことも 多々有るかと思いますが がんばってください。」

京都府京都市 MY様「今まで、義捐金や支援物資などという形で、自分にできることを行ってきました。ここに来て、また違う形で復興のお手伝いができると知り、嬉しく思いました。ささやかではありますが、お力の一端を担えれば幸いです。遠く離れてはおりますが応援しております。月浜の海苔を食べるのが楽しみです。頑張ってください!季節の変わり目は体調も崩しやすいと思います。お体に気をつけてください。早の復興を心よりお祈りいたしております。」

青森県弘前市 KT様「私は松島の海苔の大ファンです!松島の海苔を食べると、ほかの産地の海苔は食べられません。ぜひ、早く復興していただきたいと思っています!応援させてください!」

京都府京丹後市 JM様「海苔好きの私としては、ぜひぜひ応援したい、そして食べたい、、と思いまして。当地に間人(たいざ)カニで有名な間人では、ごく少量しか出回りませんが地海苔(10枚で3500円もします!)がとれます。日本海と太平洋ではまた違った風味なんでしょうね。ホームページの写真を見ていると、うちの子供に近いぐらいのお子さんの顔もあり、なんだか親近感です。海の仕事は簡単ではないと聞きます。寒い折、皆様ご自愛くださいませ。」

神奈川県横浜市 TT様「海苔、大好きです♪自宅では、いつも海苔と納豆とお味噌汁ばかり食べてます。1口で海苔100枚て、そんなに沢山いただいて良いのでしょうか。それも2種類!とっても楽しみです。皆さま、お身体大切に、応援しています!!」

埼玉県深谷市 MY様「YouTubeで、被災の様子を拝見しました。本当にひどかったのですね。なのに説明会でもインタビューのときも、皆さんが前向きで、明るく振舞っている(あたかも普通の生活をしているように)のが、印象的で、心を打たれました。太陽のかけらにすぎませんが、ほんの少しでもお役に立ちたいとの思いから、一口オーナーの仲間入りをさせていただきました。一日も早く、皆さんの作業場で作った海苔を食べたいです」

埼玉県深谷市 IT様「私は石巻と仙台に8年間生活していたこともあり、宮城県は自分にとって第二の故郷です。また妻は陸前高田市の出身で親・兄弟・親戚が被害に遭い東日本大震災は他人事ではありません。そのため震災発生から今日まで小額ではありますが、色々なところに寄付をさせていただいております。今後も可能な限り(自分の生活に支障がない程度に)色々なところに協力したいと思っております。」

宮城県仙台市 HR様「昔、奥松島のご実家の民宿に宿泊しました。新鮮な魚貝類や海苔が美味しかったです。月浜の光を是非取り戻してください。」

神奈川県横浜市 AK様「月並みですが、がんばってください!としか言えません。ただ、いつ自分達にも同じ事が起こるか・・と思っているので、人事とは思いません。まだまだ、寒い日が続きますが、どーか、体調を崩さないように気を付けてください。」

宮城県石巻市 TK様「震災前より月浜のすばらしさや海苔の美味しさを教えて頂いていました。月浜の海苔を御馳走になり、こんなにも風味が豊かで美味しい海苔は初めて・・・とファンになりました。今回の震災での被害を聞き、本当に何を言っていいか言葉が見つかりませんでしたが、生産再開と聞き素直に「又、あの海苔が食べられる」と思いました。微力ながら「太陽」になれたらと思います。「月光」の皆様、体に気を付けてまたあのすばらしい海苔を作っていって下さい。」

宮城県宮城郡 KH様「私は「民宿これや」さんのTさんと同じ会社で仕事をしていた関係で度々「これや」さんに泊まらせて頂きました。毎回食べきれないほどの料理に大満足させて頂いておりました。「月光」メンバーの小野裕俊さんが中学校の頃にも1泊させてもらい印象に残っています。今回、Tさんから連絡を頂き、裕俊さんがメンバーとなって復興を目指していることを知り、少額で申し訳ありませんが送金させて頂きます。月浜の光を一日も早く取り戻してください。」

東京都杉並区 AK様「小生も仙台に長く住み、家族一同第二の故郷と思っています。この震災の被害には、今も心を痛めています。1口で本当に些少で恐縮ですが、皆さんの一助になれば幸いです。一日も早く、月浜に光を取り戻されることを信じております。」

愛知県岡崎市 MH様「がんばって見える皆さんに、「がんばってください」とは言えません。昨年5月、4週間ほど東松島市災害ボランティアセンターで、ボランティア活動をさせて頂いた折、貴地区の被害の凄まじさに、言葉も出ませんでした。何もできない私ですが、東松島、東北に思いだけは何時も寄せております。一日でも早い日常に戻られますように遠い地から、思い続けております。」

宮城県柴田郡 KS様「スーパーでいつも写真入りの奥松島焼海苔を買って食べていました。頑張っている皆さんを応援したいと思い申し込みます。早く目標に近ずきますよう祈ってます。」

宮城県仙台市 YH様「海苔養殖業を共同し、生産再開されるとのこと、ささやかですが、支援させてください。誇りある味の海苔の養殖がたくましく再建されることを期待しています」

宮城県仙台市 SK様「微力ながらみなさんのお仕事の再生をお手伝いさせていただきたく,申込みいたします。娘が小さい頃ドライブで良く野蒜・奥松島に行きました。月浜にも何回か行きました。弧を描いた海岸線がまさにお月さまのようだったと記憶しています。それからこのたびのみなさんのHPかっこ良いですね。メンバーのみなさんの想いがすごく伝わってきます。」

宮城県仙台市 MH様「18日付け河北新報で「月光」について知りました。津波被災者が頑張っている姿に感動しました。また、本日19日付けの河北新報ではメンバーの小野裕俊氏のコメントが掲載されていました。精神的にも立ち直り、復興しようとする心意気は頼もしく感じました。私も被災者ですが軽微な被害でした。多くの方の就職支援を業として生計を維持しております。失業した方々の活躍の場が必要です。そのためには、産業の復興が欠かせません。是非、早期に事業を復興させて下さい。応援しています。なお、奥松島地区には2度ほど足を運び、その被害状況を目の当たりにしました」

東京都調布市 HK様「栗原市のSさんに紹介されました。娘どうしが同じ産院で同日誕生した縁です。(山内健史さんの奥様)震災の被害を知り何か協力できれば…と思っていました。プロジェクトの立ち上げ 応援します。ぜひ復興への足掛りと月浜の発展を期待しています。」

宮城県仙台市 KE様「河北新報社の記事により知った。高齢でもあり、直接のボランテア活動もできずこのような形での支援をさせて頂きます」

宮城県仙台市 HT様「お返し:不要です。いつの日にか再建がどうなったかを知ることができればそれで十分です。月光を知ったのは、3月18日付河北新報の記事です。貴グループの事業復興へのご努力に対し、ささやかですがお送りしました。再建事業がやがて実ることを心から願っています。」

宮城県仙台市 MY様「一昨日の河北新報でオーナー募集を知りましたので申し込みします。妻が障害の身なのでたまに 連れだして外の空気に当てなければと思い昨年10月頃 以前行ったことのある松島簡保の宿 辺に震災後初めて行ってみたけど、震災の爪後は凄くて ただただ驚いて帰ってきました。何も支援できず歯がゆく思ってたましたので、年金生活なのでわずかしか応援できませんが、体が資本なので体に気を付けて頑張ってください。」

埼玉県三郷市 SY様「小野さんへ 震災後安否を心配しておりましたが、無事のようで安心しました(^∀^)しかしその後の再建プロジェクトを立ち上げた様で色々大変ですね。取り急ぎささやかですが寄付をさせていただきたいと思います。」

宮城県仙台市 SA様「震災後に数回ほどRさんの友達とご自宅(仮設)にお伺いしました。以前から月光プロジェクトのお話を聞いてましたので一口ご協力致します。私は震災直後から名取市閖上地区にて上水道の災害支援活動中です。ほんの少しですが、被害にあわれた方々の支援になればと思います。」

宮城県栗原市 KY様「山内良裕さんへ、 一昨日、Sさんから電話が来、月光プロジェクト立ち上げたとの話を聞きました。なんと、昨日の河北新聞に月光プロジェクトについて掲載していました。山内さん、ついに再建に向って立ち上がったなと喜びました。農業も1人ではできません。仲間がいて、話をして、協力し合って成り立って行くものだと感じています。チームのまとめ役頑張ってください。応援しています。おまけ、米1俵農協に出荷すると13,000円ですが、どこかの道の駅のおばちゃんたちが、おにぎりとか、味噌とかに加工して付加価値をつけ何倍にも儲けているとある本で読んだことがあります。海苔プラス何か、、特産味の月光海苔なんて。。頑張ってください応援しています。」

宮城県仙台市 TT様「今回の記事を読み、ぜひ松島ののり養殖を復旧させていただきたいとの思いからオーナーに応募したいと思いました。いつも年末には、七ケ浜の知人を通して、のりを購入して親戚や友人に年末に送っておりましたが、昨年はそれが果たせず残念な思いでいました。松島ののりは皆さんから香りが良いといつも喜ばれていたので、是非成功させて下さい。応援します。」

宮城県塩釜市 IK様「河北新報でこのプロジェクトを知りました。10年以上も前の新婚時代によく遊びに行った思い出の場所です。微力ながら力にならせてください。」

東京と北区 KH様「月浜産の海苔はS家で食べさせてもらったことがありますが、とても美味しかったです。是非、またあの美味しい海苔が食べられることを祈願しております。どこに回っているのかさっぱりわからない義援金や赤十字経由の寄付金よりも、こうした直接支援できる仕組みのほうが説得力があり、「気持ち」のある方にはインパクトがあります。妻がやってる居酒屋でも、昨年から志津川の友人にスポットでの支援活動をさせていただいておりますが、お客様や町会の皆様にじわじわと支援の輪が広がっています。少しばかりではございますが私も、明日、ゆうちょの口座に振込みさせていただきます。微力ながらではございますが、今後も「月光プロジェクト」への参加者を募り、参加を呼び掛けてまいりますので、復興・復活に向けて共にがんばってまいりましょう。

宮城県仙台市 IH様「2010年まで当地で5月に2日間のウオーキング大会があり、毎年参加していたきれいな海浜を思い浮かべています、皆様方におかれましは一時も早い復興を願っています。」

岩手県一関市 AE様「3月18日付けの河北新報で松島の海苔の養殖開始の記事が載っておりました。普段から松島の焼き海苔を食べております。是非美味しい香り高き海苔食べさせてくださいね」

愛知県名古屋市 YY様「震災以降、河北新報のWEB版を見るようになりました。そこでの記事に、月光のことが載っていました。「月浜」と聞いて、一も二もなく、微力ながら応援をさせていただきたいと思いました。月浜は、私にとっては世界中のどこよりも大切な、思い出の場所です。もう31年も前になりますが、当時21歳だった私は、月浜の桟橋(というのでしょうか。コンクリートの)の先端にしゃがんで、眼下に寄せる小さな波を見ていました。そのときの波音を、今も思い出します。その波音を聞いてから、当時あった民宿、サンライズの方に向かいました。確か、「Mさん」とおっしゃるお年寄りがいらっしゃって、寂しそうにしていた私を慰めて下さいました。年齢から考えて、「Mさん」は震災より前に亡くなったのではと推測しています。Mさんのご家族のことは、わかりません。でも、「月浜では震災の犠牲者はゼロだった」と河北新報で知り、そのことだけは胸をなでおろしています。31年の間、月浜のことを思い、行きたいと願って夢にみながら、行くことができずにきました。その月浜に、「震災後の支援」という形であることは悲しいことですが、少しでも関わることができるなら、私は本当に嬉しく思います。昔、眼下にちゃぷちゃぷと寄せていた小さな波が、巨大な津波になったなんて、信じられないと思いました。その惨禍を乗り越え、「光を取り戻す」と宣言なさった皆さま。月浜の、奥羽の男性の逞しさ、気概を、改めて拝見しました。どうか皆さま、お体をたいせつに、事業の成功をお祈りしています。」

宮城県名取市 UM様「3月18日の河北新報で一口オーナー募集を知り、早速、応募します。私は野蒜で生まれ、育ち、鳴瀬二中の卒業生でもあります。月浜にも同級生がいましたし、奥松島のノリのおいしさも知っています。野蒜小近くの実家も津波で全壊しましたが、修繕してもらい、住めるようになりました。微力ですが、故郷の漁業復興のため支援させてください。

大阪府寝屋川市 KY/Y/M様「昨年の10月15、16日に、トラベル東北さんのツアーに参加しました。その後、トラベル東北さんからメルマガを頂き、プロジェクトの事を知りました。ツアーの時に頂いた海苔がとても美味しかったので(節分の恵方巻にして頂きました)、両親も勧誘いたしました。ツアーは、珍しい物をたくさん見せていただき、豆知識もいっぱい教わり、楽しくて帰ってから自慢しまくりました。月浜は、私が今まで行った事のある海岸の中で、一二を争う美しい所でしたので、地震がなかったら、一生行く事がなかったかもしれないと思うと複雑ですが、ここに来られて良かったと心から思いました。また絶対遊びに行きたいです。来月、友達同士のパーティーがあるので、また勧誘してくるつもりです。」

宮城県亘理郡 MT様「初めまして、東日本大震災では甚大な被害を受けた事にたいして、お見舞い申し上げます。3月18日の河北新報の記事を見まして、皆さんが大変なご苦労をなさっているのを見て、少しでも役立てばと思い応募しました。これからも大変ご苦労なされると思いますが頑張って下さい。私の家は亘理ですが、津波は直線で500メートルぐらいのところで止まっていました。」

宮城県岩沼市 MH様「震災後地方自治体に義援金を送りましたが「公平に」わけるためになかなか被災者のお手元に届きません。それなら今仕事をしている人達に直接送りたいと思いました。そんな時 河北新報で月光プロジェクトのことを知りました。わずかですがおいしい海苔を待っています。」

宮城県塩釜市 OY様「大変な災害に遭われた、皆さんの胸中を察しいたしますと、涙が止まりません。でも皆さんがこの様なプロジェクトを立上げられた事に感激致しました。でも、これからが大変な大変な道になる事を、河北新聞で知りました。私も、代ケ崎のIさんとは永年の友人で、20年位前に家族で民宿に泊めていただき、おいしい魚と海水浴を楽しんだ事を思いだしました。ありがとうございました。事業に必要な資金は、あと1億何千万円と紙面を通して知りました。わずかな金額ですがですが、協力させて頂きます。」

愛知県名古屋市 SK様「大変な日々をお過ごしのこととお察し致します。海でのお仕事、きっと複雑なお気持ちかと拝察申し上げます。その強いお志に、感動と元気を頂けました。ありがとうございます。」

宮城県仙台市 SS様「河北新報の記事にて知りました。大変な災害にあわれて本当にお見舞い申し上げます。1口ばかりで申し訳ございませんが我が家も一部損壊でこれからどう修理するかと思っております。たくさんオーナーさんが集まるように、皆さんも健康に注意してお仕事に励まれますようお祈り申しております。」

神奈川県横浜市 IT様「昨年の夏は瓦礫の片付けの際に,山内良裕さんに大変お世話になりました。また,このたびの日曜日には,浜にてわかめの選別作業を少し手伝いしました(わかめ,焼き牡蛎うまかったです)ありがとうございます。今回,訪問した際に「月光プロジェクト」のちらしを拝見し,このようなプロジェクトがあることを知りましたので僅かですが協力したいと思います。」

宮城県黒川郡 KE様「この度河北新報で月光プロジェクトの皆様の取り組みを知りました。大震災の大打撃にもめげず、ノリ養殖をもう一度再生しようとする姿に感銘を受けました。微々たる支援しか出来ませんが、どうぞ頑張ってください」

宮城県仙台市 KT様「宮戸島は大好きで仙石線野蒜駅から何度もバードウォッチングを兼ねてウォーキングに行かせてもらいました。ささやかですがご協力させてください。また訪れることができる日を楽しみにしております。」

宮城県仙台市 IK様「以前釣りに行った事があり、多少のお手伝いができればと思い参加します。じっくり慌てず確実に頑張って下さい。本命の海苔ができたら、加工品を作っては如何ですか。」

東京都練馬区 UM様「Kさん(山内様関係者)と同じ職場で仕事をしております上原と申します。Kさんからお話を伺い、是非申し込みをさせていただきたいと思いました(ほんの一口ですが・・・)。美味しい海苔を期待しております!がんばってください。私もほかに声かけしてみます。」

宮城県仙台市 SY様「メンバーの小野裕俊さんのおじさんのTさんのかつての会社の同僚です。昔、子供達と民宿でもお世話になりました。月の輝く日を待っています。」

宮城県東松島市 DH様「新聞で再建の記事を見ました。月浜海苔のファンの一人として応援したいと思いオーナーになりました」

宮城県仙台市 SY様「月光プロジクト設立大変お疲れさまでした。月浜に光を取り戻すよう代表の山内良祐さんを中心に時間はかかるでしょうが、団結して一日も早い復旧復興を心よりお祈りしております。」

宮城県塩釜市 E事務所様「新聞で記事を見ました。仲間としてのささやかな応援です。」

神奈川県横浜市 ME様「震災から1年が経過し、皆さま方の生活及び心の状態はいかがでございますか?私どもは横浜に住んでおり、皆さまの計り知れない悲しみと苦しみをわかることはできないと思います。でも、この度 仙台に住む幼なじみのTさんから月光プロジェクトの案内をいただき微力ながらもお力になれたらと思い参加させていただきました。特に母は震災後、政府や赤十字のように実際の使い道の見えないところではなく、相手の顔の見えるところに寄付をさせていただきたいと思っていました。」

宮城県塩釜市 KM様「東日本大震災で大変な被災を受けた皆様に心からお見舞い申し上げますこのたび河北新報でオーナー制度の募集を拝見し、ささやかながら支援させていただきたいと思います。身体が資本です、くれぐれも健康に留意し一歩づつ前に進みましょう検討を祈ります。」

京都府宇治市 MN様「遠く離れた地ではありますが、皆さんが一丸となってがんばっておられるのを応援しています。海苔も楽しみにしています。京都ではそろそろ桜が咲き始めます。まだまだ寒い日が続きますが、お体に気をつけて毎日をお過ごしください。」

宮城県仙台市 SJ/S様「18日付の河北新報で 募集の件を知りました。広い地域での被災の状況を報道で知るほどに、津波の被害のなかった私共は、何らかの目に見えるかたちでの義援金を考えておりました。 さして多い金額でもありませんが、「ぜひここにしよう」と思える相手を探して、1年がたってしまいました。もう40年以上も前のことですが、宮戸島は美術部の合宿をした思い出の地です。絵を描くことはそっちのけで、今日は月浜、明日は室浜と、海で遊んでいたことが懐かしく思い出されます。ずっと仙台に住んでいるので、今までもおいしい海の幸、美しい景色を求めて、よく松島、鳴瀬方面にドライブを楽しんでおりました。また近い将来、今までのような楽しみを求める多くの人で賑わい、そこで生き生きと働く皆様と出会えることが、必ずできると思っております。来年の収穫の時期に、一口当たり100枚の海苔が贈られるとのこと。皆様の大事な商品ですから、そのように沢山いただくわけにはいきません。味見程度いだだければ、嬉しく思います。」

宮城県東松島市 AJ様「ホームページを見て、漁師として、男としてとても力強いと思いました。復興に向かってまだまだ大変だと思うけど、一人一人の願い、力があればきっと元通りに光輝く月浜が戻って来ると思います。皆さんの輝く未来のために、企業の発展を願っています。頑張って下さい!」

宮城県仙台市 OS様「月光を知ったのは栗原市のSさんからです。「夢を持ち続け、働く喜びに向かって突き進んでいって欲しいと願っています。熱く想えば目標は必ず達成すると信じます。」

宮城県仙台市 OK様「月光プロジェクトは新聞を見て知りました。月浜は釣りやバーベキュウをやりに行ってました。復興したらまた遊びに行きたいと思ってますので頑張ってください。応援してます。」

岩手県盛岡市 KH様「ホームページ拝見させていただきましてメールいたします。昨年の大震災での大きな被害に言葉が出ない状況にあるかと思いますがすでに復活に向け活動されている姿勢に感銘を受けます。私も石巻市出身で月浜は何度も訪れたことのある土地で復活に向けささやかでありますが支援させていただきたく考えております。」

宮城県仙台市 FY様「皆様の活動、ホームページなどで見せていただきました。是非とも、頑張っていただきたいと思いまして、僅かではございますが、協力いたしたく、メールいたしました。」

千葉県我孫子市 KN様「Aさん主宰の教会員です復興の途上にあって、大変なことも多いとは思いますが、月浜地区に皆様の笑顔があふれる日が来るよう、陰ながらお祈りしています。」

宮城県仙台市 WH様「過去に何度か民宿を利用させて頂きました。ウニやシャコ、月浜の海苔もおいしく頂きました。1日も早い復興を心よりお祈りいたします。」

宮城県仙台市 BY様「貴プロジェクトのことは先日の河北新報で知りました。奥松島、特に月浜の海岸が好きで、子供や孫と海水浴やカニ取り(いたずら程度ですが)を何度か楽しませてもらっておりました。震災被害が如何ばかりか気になっていたのですが、プロジェクトのことを知り少しでもお役に立てばと思い、わずかですが支援金をお送り致します。共同化という新しい方向で歩きだすという決意には敬意を表したいと思います。復興に向けて何かと大変なこととお察ししますが、以前にも増して豊かでかつ安全な海と浜を取り戻していただければと思います。皆様のご健闘をお祈りします。」

栃木県宇都宮市 OK様「貴チームのことは、facebook で知りました。私は茨城県の石塚観光のボランティアツアーに定期的に参加しており、月浜周辺でも数回活動させて いただいております。素晴らしい景観の月浜が大好きです。皆様の復興を遠方からですが願っております。微力ながらご支援したく、本件に応募させていただきます。」

東京都品川区 MR様「横浜市のHさんからのご紹介でこのプロジェクトを知りました。震災のあと、何が出来るかと考えましたが自前の設備・能力がないので、現地ボランティアとして働くことも出来ませんでした。同じ国に住む者として、申し訳ない気持です。ごく少額ではありますが、参加できればと思いメールいたしました。Hさんが「こちらの海苔はとても美味しいです」と仰っていたので海苔好きとしては、今からとても楽しみです。分けて頂いた海苔を友人に少しずつお裾分けしてこのプロジェクトを知って貰いたいと思います。このプロジェクトが実を結ぶよう心から祈っています。

宮城県宮城郡 TA様「昔、子供たちが小さいころ 月浜ではありませんが近くに 海水浴に 行きました。ほんの少しでも 復興の手助けになれば 幸いです。」

宮城県黒川郡 SK様「お忙しい日々のことと思います。震災後、復興に向け言葉に出来ないほどのご努力の日々だったことと思います。海苔の養殖再開のこと本当にお喜び申し上げます。ほんの少しですが送金させていただきます。どうぞみなさまお体をご自愛下さいますようにとお祈り申し上げます。」

宮城県多賀城市 SN様「河北新報紙上で知りました。私は現在、現役の国家公務員でして、今回の震災に際しては、個人的にはボランティアとして、被災された皆様方のところへ行って何か手助けできたら良かったのですが、仕事がらなかなか時間的余裕が無く、どうしたら良いもんかと日々考え悩んでておりました。今回、このような企画を知り、参加させていただきました。早く、皆さんの努力が報われますよう、また明るい未来が早く届くよう願っています。皆様には、これからも健康に留意し、仕事を頑張ってください。」

神奈川県中郡 WS/K様「私どもは 小野裕俊さんのおじ様ご夫婦と30年以上前になりますが、新婚旅行のツアーでご一緒させていただいた者です。ツアーの間ずっと親しくさ せていただいて、おかげで本当に楽しい新婚旅行でした。以来一度もお会いしたことはないのですが、お二人の優しい、楽しい雰囲気はきっと当時と変 わっていらっしゃらないと想像しております。どうぞよろしくお伝えください。大きな被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。月光プロジェクトのご成功をお祈りしております。」

岐阜県関市 WT様「名古屋のCBCラジオ番組(ごごイチ木曜日ひだまりラジオ)のコーナーで東北放送藤沢智子アナウンサーによる情報で知りました。ぜひ、美味しい海苔を食べさせてください」