応援メッセージ 10月

メール・Facebookに「太陽」の皆様から「月光」へ、たくさんの応援メッセージをお寄せ戴いております。その中から抜粋し、ここでご紹介させて戴きます。皆様の心温まるメッセージ、本当に有難うございます。(尚、メール本文に個人が特定出来る内容が含まれている場合は、その箇所を除いて掲載させて戴きます)

宮城県仙台市 SS様「以前、新聞で記事を拝見し、今回申込みいたしました。震災後、自分の生活で精一杯で何もできない日々を送る中、皆様の地に足の着いた前向きな行動に只々、感動と喜びを感じておりました。ほんの少しですが、月浜に光を取り戻す手助けになればと思います。「新海苔」と「月光一番海苔」も楽しみにしております。」

山形県西村山郡 TH様「ホームページでは、皆さんの活動を見て私の方が励まされていました。だんだん、寒さが近づいています、プロジェクトの皆様そして、そのご家族の皆様が体調を崩されないようにと山形から祈っています。」

東京都墨田区 SI様「こんにちわ、29日に「なの花交通ボランティアバス」でお手伝いに伺ったものです。 海苔簀運びとロープのまき直しをしました。震災や、海苔、工場のお話、そして色々親切丁寧にしてくださってありがとうございました。ブログで紹介させていただきました。また、機会があればぜひ伺いたいです。これから寒くなりますが、体にお気をつけ下さい。少しですが、送金します。海苔を楽しみにしています!!!!」

茨城県つくば市 SM様「4月までは陸前高田に出かけておりましたが、6月にそちらに初めて伺い、海苔養殖いかだ作りのお手伝い(邪魔?)をさせていただきました。その折に、直接お話を伺い、遅ればせながらの送金となります。暑さに耐えることができない身体であるため、東北もうでは控えておりましたが、そろそろ再開します。機会がありましたら、また混ぜてください。ご成功を確信しています。」

東京都世田谷区 TY様「トラベル東北のボランティアで奥松島に行きました。昨年参加して以来、メールマガジンを受け取っていたのですが、その経緯でこのことを知りました。被災地には昨年以来、行けておらず気になっていたものの、なかなか何をどう行動に移すかは難しいところでした。このようなかたちでつながりを持てればと思います。いずれ海苔工場にも行きたいと思っています。よろしくお願いします。」

東京都三鷹市 TM様「8月にボランティアツアーでお世話になりました。登録が遅れ、申し訳ありません。水温が高く、牡蠣の生育が今一つという地区もあったと聞いていますが、のりの方はいかがでしょうか?当日、ひたすら切った緑のひもは、どこに使われているのか、写真等目を凝らしましたがわかりませんでした;;どこかで役に立ってくれているとうれしいです。」

滋賀県大津市 TO様「月光プロジェクトの小野さんのご両親がまだ健在の頃、進君と一緒に2度ほどそちらの民宿「月見荘」に泊まったことがあります。(もう40年も前です)その時の美しい光景、おいしい海の幸が未だに忘れられません。生きたままのアワビをかじらせていただき、取り立てのウニを焼いていただき、ふぐの味噌汁をいただいてまるで今から思いだしても至福のひと時です。私がまだ動けるうちに、民宿が復活されれば、ぜひまたお伺いしたいと、今から楽しみにしています。プロジェクトに係わっていらっしゃる皆さん、「月光の太陽」を運営されている皆さんが、こうして頑張っておられるのを思うだけでこちらも元気付けられます。国の支援が物足りなく情けなくなりますが、全国の支援はずっと続きます。それでは、またおいしい海苔がいただけますよう楽しみにしております。」

神奈川県川崎市 KY様「先週日曜日にボランティアに参加いたしまいた。海苔の生産の大変さの一端を体験し、また代表者の方の海苔作りに対する思いを伺い、小額ですが支援したいと思いました。お返し、とても楽しみです。今度は家族を連れて伺います。」

神奈川県海老名市 HT様「10月7日ボランティアに参加し、このプロジェクトを知りました。数回、ボランティアに参加しましたが、瓦礫撤去や草刈りの経験しかなかったので勝手がわからず、逆に足手まといになってしまった気がします。特に縄を束にして一纏めにするのが、なかなか難しく結局最後まで結び方を覚えられませんでした。ほんとに申し訳ありませんでした。そんなボランティアの一日でしたが、皆さんの現状やこれから頑張っていこうという意気込みを感じることができ、本当に行って良かったなと思っています。これからも応援しますので、宜しくお願いします!」

東京都品川区 YT様「今年、東北トラベルさんのツアーで2回ほど月浜でお手伝いしました。おいしい海苔がとれることを祈っております。」

神奈川県座間市 KY様「今月6日に菜の花交通のボランティア活動に参加させていただき月光プロジェクトの活動を知りました。微力ではございますが、皆様の活動に協力出来ればと思い支援することとしました。」

神奈川県相模原市 IT様「平成23年3月11日に発生した「東日本大震災」を宮城県出身者としてのみならず、人として直接、間接にさまざまな機会を通じて微力ながら支援をさせていただきました。今回同級会が東京で開催されたおりに栗原市Sさんより紹介され、また以前奥松島の民宿にお世話になったことがありその民宿もすっかり被災され、さら地になっている現状と合わせ、また微力ながら支えることが出来ればと思いたった次第です。」

神奈川県川崎市 HS様「昨年9月30名でバスに乗り東松島の惨状を視察しました。今年も9月にひびき団地を訪問し、皆さんと手芸の時間を過ごしました。他地区と比較しますと東松島市の復興取組は進んでいるような印象を持ちます。まだまだ過酷な日々が続きますが、皆様の取組を後方から祈り続けております。一致協力し力強い復興の姿を全国に見せてあげてください。」

神奈川県海老名市 NM様「この度、月光プロジェクトの支援として微力ながら応援させて頂くNMと申します。必ずや生活再建・事業再建ができることを願っております。みんなで頑張りましょう!」

兵庫県芦屋市 SN様「昨年の夏に、海苔イカダづくりのお手伝いを少しだけさせていただきました。美味しい海苔ができますこと祈念いたします。」

山形県新庄市 IT様「9月8、9日に東北トラベルさんのボランティアツアーでお世話になりました。連合という労働組合の集まりで参加しました。大変遅くなりましたが、振り込ませていただきました。これからもがんばってください。」

応援メッセージ 9月

メール・Facebookに「太陽」の皆様から「月光」へ、たくさんの応援メッセージをお寄せ戴いております。その中から抜粋し、ここでご紹介させて戴きます。皆様の心温まるメッセージ、本当に有難うございます。(尚、メール本文に個人が特定出来る内容が含まれている場合は、その箇所を除いて掲載させて戴きます)

 

東京都昭島市 IK様「海苔養殖のお手伝いをさせて頂きました。海苔養殖への漁師さんの方々とボランティアの方々で短い間でしたが共に作業できたこと、貴重な体験になりました。また、月光さんのお手伝い折を見て参加させて頂きたいと思っています。」

東京都世田谷区 OH様「8/13の大崎八幡宮雅楽の夕に、で演奏させていただいていたものです。わずかでも、皆様の再建のお手伝いが出来れば嬉しく存じます。たいへんなこともいろいろあることと思いますが、お体を大切になさってください。」

広島県庄原市 MM様「月光の作業にDSPから何度か参加させていただきました。養殖いかだ作り作業の他、新しい船の進水式、作業場建設の地鎮祭など、いろいろな活動な参加させてもらい、月光の皆さんの前向きな姿勢ややさしさにふれました。東松島は景色も海もとてもきれいです。月浜でのロープ巻きや、ガードレールへの網干し、6本ずつのテープどめ・・・月光の方たちとの作業はとても楽しかったです。あのいかだが あの海に浮かび、月光の人たちが作られる海苔。とても楽しみです。これから厳しい寒さの中での 海の上での作業、頑張ってください。たったの1口ですが送らせてもらいます。また 月浜に行きたいと思います。」

宮城県仙台市 YM様「先日、里浜でボランティアさせて頂きました。先日は大変良い経験をさせて頂き、ありがとうございました。収穫されて送って頂ける海苔は、母親の分は自宅用、私の分は小分けして震災直後に支援物資を送って頂いた関東方面の親戚に、他の地元の物と一緒に送りたいと考えております。自分が携わった物を他の地方に送り、少しでもこう言った活動の知名度が広がる、お手伝いが出来たら幸いではないかと、考えております。」

東京都世田谷区 FY様「今の私にできることはないかと思っているときに、Hさんから紹介して頂きました。Hさんからそちらの海苔は大変美味と伺いました。いつの日か私も頂いてみたいと思います。皆さんお体に気をつけて頑張ってください。」

宮城県東松島市 TT様「少し前にこの企画を知りました。宮戸の海苔が大好きで震災前は月に1度、野蒜駅まで買いに行ってました。焼き海苔をまたちょっとだけ炙ってそのままバリバリ食べるのが大好きで、今までどれだけ食べたかわかりません!新海苔の季節がくると嬉しくて、売店の人にお願いして乾海苔を売ってもらったりしてました。震災の後、もうあの美味しい海苔が食べられないのかとしばらくガッカリしていましたが、月浜の皆さんや全国のご支援の様子をfacebookで見て感激しております。日本で一番美味しい海苔だと思っています!ぜひ頑張って下さい!」

応援メッセージ 8月

メール・Facebookに「太陽」の皆様から「月光」へ、たくさんの応援メッセージをお寄せ戴いております。その中から抜粋し、ここでご紹介させて戴きます。皆様の心温まるメッセージ、本当に有難うございます。(尚、メール本文に個人が特定出来る内容が含まれている場合は、その箇所を除いて掲載させて戴きます)

神奈川県藤沢市 HM様「6月末にトラベル東北さんのボランティアツアーでお手伝いをさせて頂きました。その際は本当にありがとうございました。ほんの気持ちばかりですが、少しでもお役に立てれば幸いです。それでは皆様、暑いですのでお身体をお大事になさって下さい。月浜の一日も早い復興と皆様のご活躍を心よりお祈り申し上げます。」

東京都杉並区 ST様「宮城県出身の弊社Sへ、宮城県栗原市のSYさんから、皆様の活動「月光プロジェクト」の紹介を受けました。応援させて頂きます。」

神奈川県相模原市 OT様「少ないですが「月光」を支援させて頂きます。先日銀座を歩いていた時に路上で手渡され家に帰ってじっくり読み、少しですが送ることにしました。」

埼玉県さいたま市 KK様「先日は銀座の交流会へ参加させていただきありがとうございました。一口オーナーとして昨日振込をさせていただきましたのでご連絡いたします。メールをするのが遅くなり申し訳ありません。僅かではありますが復興に向けお役だていただけますと幸いです。」

東京都東村山市 OT様「先日、月浜地区でのボランティアツアーに参加させて頂きました。震災によって甚大な被害を受けた中、一致団結し復興に向けて歩んでらっしゃる月光メンバーのみなさんにいたく感銘を受けました。微力ながら復興の支援をさせて頂きたく連絡した次第です。」

大阪府八尾市 MY様「友人が先日そちらでボランティアをしたと聞き、微力ですが、一口協力させていただきたく。以前、ニュースなどで一口オーナーのことなどを知り、どこかで協力させてていただけたら、でもどこがよいのか。と正直迷っておりました。ものすごく海苔大好きです。おいしい海苔が届くこと、楽しみにしております。暑さ厳しい折ですが、お体に大事になさってください。」

 

東京都台東区 KY様「月浜/はまなす荘で 小野さんご家族には 何度もお世話になっているものです。あの のどかな月浜の村の風景が無くなったことには 悲しい思いをしています。でも 宮戸島の若い人たちが これから新しい村を再建するという姿には大きな夢や希望を感じます。いい海苔ができますように・・・」

鳥取県米子市 MT様「新聞でつい最近月光プロジェクトのことを知りました。復興に立ち上がった皆さんに、少しばかりですが応援したいと思い、応募しました。ブログを読み皆さんの思いと姿勢に元気付けられました。毎日暑いです。皆さんのご健康を祈り、遠くからですが応援しています。遠いのでボランティアには残念ながら参加できませんが、応援しています。いい海苔ができることを祈っています。」

東京都大田区 WR様「先日なの花観光のボランティアに参加し、月浜での作業に参加し、このプロジェクトのことも知りました。なかなか直接伺ってご支援できないので、せめてこのような形でもご支援できればと思います。がんばってください!」

東京都杉並区 HK様「月光プロジェクトを知ったきっかけは、今月初旬にボランティア活動で少しお手伝いさせていただいたことでした。真っ黒に日焼けした若い皆さんが中心となって海苔養殖の再開に向けて頑張る姿に、これからもずっと長く見ていたいし自分にできることがあればできる限りの応援したいと、強く思いました。今後もまたボランティアでお邪魔することがあると思います。その時はまたどうぞよろしくお願いします。まだまだ日中は暑い日があると思います。お身体にどうぞお気をつけてください。またお会いできる日を楽しみにしています。」

神奈川県相模原市 OK様「宮城にはおよそ13年間で7、8回は行っているでしょうか- 在学する予定さえあった程です。去年も訪ねましたが、今年、石巻方面には6年ぶりでした~ 荒れた光景には胸を詰まらせながらも、もう一度行けたことは、ちょうど久々の再会のようで本当に嬉しかったです 月浜のことはガイアの夜明けで知り、プロジェクトについては大崎神社の神職さんのインタビューで知りました- 6年ぶりの陸前大塚駅からの眺めに心を奪われました 松島は笑うが如し~ 海と抜けるような青空は一生忘れないでしょう~自分にもぜひ協力させて下さい」

神奈川県横須賀市 MY様「私の父親も、零細の小規模な海苔生産者でした、冬の寒いときの仕事はとっても寒くてつらくて、大変でした。でも、海苔が取れたので学校へもやってもらえましたでも、あの新海苔の味は忘れることは出来ません、(昭和35ねん前後その頃は、だるまストーブで乾燥していましたので、切れた海苔はストーブの上で焼いて食べました)お正月にお餅を海苔で巻いて食べるのは、ご馳走でした。横須賀の走水という所でも海苔やさんがあり、毎年暮れになると買いに行きます。皆様、厳しいお仕事です、どうぞお体に気をつけて頑張ってください。」

静岡県島田市 MT様「静岡新聞に載った 神社の宮司さんが月光プロジェクトを支援しているという記事で知りました。いろいろ大変でしょうが、皆さんの力が存分に発揮できるよう、1日でも早い復興を祈っています。」

神奈川県横浜市 TY様「18日のなの花交通のボランティアバスツアーで知りました。メンバーのみなさんの言葉を聞いて、ぜひプロジェクトに参加したいと思いました。今度は観光でも伺いたいです。」

東京都足立区 HM様「数年前に月美荘で何度かお世話になりました。小野さんの親戚である友人にテレビで「外国人の社長さんが月浜に人が集う小屋を作ってたよ」と話したときにこのプロジェクトを知りました。あの穏やかな海に面した月浜一帯が流されてしまったとは未だに信じられません。時間はかかると思いますが、漁場が戻って良い魚貝が獲れ、良い海苔ができる日がいつかくると信じています。何年後かに海苔の生産が軌道に乗って民宿が再開した頃に海水浴を兼ねて家族で訪れるのが夢の一つです。現地に行ってお手伝いすることができませんが、皆様の情熱の結晶として良い海苔ができるようお祈り申し上げます。」

宮城県仙台市 SY様「8月13日大崎八幡神社でお話を伺いました。わずかですが協力したいと思います。このたびの地震津波ではたいへんな思いをされていられることと思います。そのような中でまた新しいプロジェクトをたちあげられて働いていられる皆様には心からの敬意を表したいと思います。お体に気をつけられて少しでも前に進まれますよう。」

千葉県市川市 MN様「先日18日になのはな交通さんの催行で参加いたしましたす。本当に微力ながらですが、お振込みをいたしましたのでご連絡します。現在海外(香港)に在住しておりますが、一時帰国に合わせ、友人と参加させていただきました。去年6月にも別の場所にお手伝いで行ったのですが、状況が変わり、確実に復興へ向かっている様子を肌で感じました。作業を少しでもお手伝いできたことはもちろんですが、お話を直接伺えたことは、本当によかったです。山内代表がおっしゃっておられた、「忘れないで」が本当に多くを語っていたと思います。友人も私もFacebookで拡散しています!これからも出来る時にできるだけのご支援をしていきたいと思っています。まだまだ先は長く、ご苦労も多いと思いますが、ただただ、皆様のご健勝と復興をお祈りしております。そして、元気も沢山いただきました。ありがとうございました!」

神奈川県座間市 SY様「神奈川県に在住するものです。出身は、宮城県栗原市一迫です。神奈川に来て42年となりますが、花山にて、還暦祝いと同級会を行ったときに、同級生からこのプロジェクトの話を聞いて宮城出身として復興の一助になればと思って参加しました。これからも復興に向けて頑張ってください。」

東京都練馬区 KY様「今週末ボランティアに赴いた友人のFacebookの投稿で知りました。やっと、やっとですね。どうか暑い中大変だと思いますが、うまくいきますようにお祈りします。海苔も楽しみにしています!!おいしい海苔待っています!!」

香港 OY様「私は海外に住んでおりまして、なかなかボランティア活動ができておりません。7月にはじめて、陸前高田市へボランティア活動をしに、行きせていただきました。そこでお友達になった方から、月光プロジェクトについてお聞きしました。友人は、月光プロジェクトのお手伝いもされていたのではと思います。これからも頑張ってください!そして、いつかご訪問させていただける日を夢見ています。」

三重県桑名市 NY様「8月12日(日)にDSPさんの活動に参加し、「のりす」取付作業をお手伝いさせていただきました。その際、山内代表から、被災地の悲惨な現状と復興に向けた熱い思いを聞かせていただき、微力ではありますが、経済的にもお手伝いさせていただこうと思い、振り込みました。三重県から宮城県までは遠方のため、頻繁に出向いてお手伝いできませんが、月光プロジェクトさんの復興に向けた活動を、心から応援しています。」

東京都杉並区 AS様「先日、ボランティアとして作業のお手伝いをさせていただいた際にこのプロジェクトを知り、微力ながらお力になれればと思い1口分を振り込みさせていただきました。おいしい海苔がたくさん採れることをお祈りいたします。」

千葉県袖ケ浦市 NK様「こんにちは。私、7月24日・25日にナザレンのボランティアで伺いまして、邪魔ばかりしていた、あの時の「おばあちゃん」です。あの節は、お世話になりました。月光プロジェクトを応援させてください。月浜の光は必ず取り戻せると信じて祈っております。」

東京都小金井市 ST様「先日、ノリスの手伝いをさせていただいたものです。その際は貴重な経験をさせていただきありがとうございました。微力ではありますがサポートできればと思い、1口支援させていただきます。これからも大変かと思いますが、手を取り合って歩んでいってください。」

東京都文京区 NU様「8/18-19に、トラベル東北のツアーに参加して、家族でお世話になりました。美味しい海苔ができますように、応援しています。」

応援メッセージ 7月

メール・Facebookに「太陽」の皆様から「月光」へ、たくさんの応援メッセージをお寄せ戴いております。その中から抜粋し、ここでご紹介させて戴きます。皆様の心温まるメッセージ、本当に有難うございます。(尚、メール本文に個人が特定出来る内容が含まれている場合は、その箇所を除いて掲載させて戴きます)

 

東京都目黒区 IM様「「月光プロジェクト」の事を知ったのは、東北トラベルのホームページでした。昨年9月、東北トラベルのボランティアに参加し、たった二日でしたが里浜で筏造りのお手伝いをしました。現在母の介護をしている私にとっては一泊で行くのが精一杯でしたが、その後も機会があれば、又宮戸島に行きたいとずーと考えていました。今回、別の形でお役に立てること大変嬉しく思います。プロジェクトが成功し海苔の養殖が再開され、元の生活に近づく事が出来る様、頑張って下さい。心から応援しています。」

茨城県ひたちなか市 KC様「石塚観光さんのボランティアバスで 野蒜や東名、宮戸島に連れて行って頂いたのがきっかけで月光さんのことを知りました。海苔作りが順調に行き、最高の海苔ができることを祈っています。応援しています!!」

北海道函館市 TT様「私も3月まで仙台に住んでいました.泉区なので,大きな被害はなかったのですが,ボランティアに参加したり,数か月後に災害の視察に行ったりして,震災の様子は生々しく見ています.あれから1年半がたちますが,まだまだ大変な日々が続いていると思います.早く落ち着いた生活を取り戻されるよう願っています.」

神奈川県三浦郡 OK様「葉山からのボランティアで伺った時に、山根にて山内さんからお話を聞かせていただきました。すぐに行動できないまま時間がたってしまいました。葉山も同じように海と山が素敵なところです、少しだけでもお手伝いさせていただきたいと思います。」

埼玉県坂戸市 SN様「震災後間もなく新聞で、東北震災復興のための一口オーナー制があることを知りました。すぐに何ヶ所かのオーナーをさせていただきました。東松島は、ウオーキング大会のツーデーマーチに家内と共に2回参加しました。その時奥松島・宮戸地区の方もコースにあり、被害について心配していました。その時の宿泊は野蒜駅近くの旅館でしたが、その付近の惨状を報道で知り、心痛しております。妻は父の仕事で、小学1年生から6年生まで小野小学校に通っていたこともあり私以上に心配していました。夫婦とも年齢に加え体調にも不安があり、ボランティアには参加できないので、せめて一口オーナー制に参加できればと思いました。民宿が復活したり、ウオーキング大会が再開したら、またぜひ再訪したいものです。一日も早い復興をお祈り致します。」

東京都足立区 TK様「今年のゴールデンウィークに東松島にボランティアに参加した友人より貴プロジェクトの事を聞き、今回一口で申し訳ないのですが申し込み致しました。皆様の強い想いへの一助になれればと思います。復興を目指し、よくぞ立ち上がって下さいました。どうかお怪我などになさらないようお気を付けくださいませ。応援しています。」

茨城県那珂郡 HY様「昨年からボランティアで月浜に入り、一緒に活動させていただきました。最近ではなかなか行けてませんが、暑くなってきましたので、気を付けて作業してくださいね。」

愛知県大府市 DC様「先日、知人と岩手県釜石市に復興のお手伝いに行ってまいりました。その際、大船渡のわかめサポーター制度を知り、ネットでいろいろ探していたところ、こちらのプロジェクトにたどり着きました。少しでも、お役に立てることができれば嬉しいです。」

兵庫県三田市 IY様「録画していた関西テレビの「アンカー」を見ました。頑張ってください!応援してます。」

宮城県仙台市 KN様「河北新聞で皆さんのことを知り、ボランティアに参加させて頂き、若い人達が共同で 海苔養殖を通して地域の復興に取り組んだいる姿に元気を貰い、また多くの被災者に勇気を 与えてることに感謝の意を込め「月光の太陽」を支援させて頂きます。益々のご活躍期待しております。」

大阪府八尾市 TF様「7月16日(月)、DSPからお伺いした際は、大変お世話になりました。みなさんの笑顔や美しい海をみていると、すごく元気を頂けた気がします。山内代表がボートで案内してくださった月浜の風景、心に沁みました。今後は「月光プロジェクト」の活動をできるだけ多くの友達、知人に広めていきます。どうか暑さに負けず、みなさんで一丸となっておいしい海苔を日本全国に届けてください。」

東京都大田区 HK様「昨日、銀座へ買い物へ行った際にこちらのパンフレットを頂きました。実家が仙台市青葉区のため今回の震災は本当に他人事ではなく、少しでも何かできればと思い、わずかではありますが申込させて頂きました。奥松島へは、父とよくハゼ釣りなどにも行きました。大好きな宮城の海が少しでも前のにぎわいを取り戻せますように、東京からお祈りしております。帰省した際でも、のり工場お伺いできたらうれしいです。」

東京都港区 MN様「2月26日には、現地をご案内いただきましてありがとうございました。復旧復興のために熱き志で奮闘されていらっしゃいますことに心より敬意を表します。ぜひとも頑張ってください。遅くなって大変恐縮ですが、さきほど、「月光の太陽」一口オーナーとしてのお振り込みをさせていただきました。夏本番ですが、くれぐれもお体大切にますます志を邁進されご活躍されますことを願っております」

東京都江東区 KY様「今年の3月に銀座での東松島物産展に鈴木光博さんとお話をさせて頂き、FBで友達になってもらい月光の事を知りました。月浜は約20年前にジェットスキーをしに行くまで月浜の事は知りませんでした(^_^;)その時に月浜はお気に入りの海になりました♪何度か海を観にも行きました。静かでキレイな海ですよね(*^^*)まだまだ復興には時間がかかるとは思いますが・・・また、キレイな月浜に戻る事を応援する事しか出来ませんが(^_^;)夏本番を迎え暑くて大変だとは思いますが、くれぐれも体には十分気をつけて下さいね♪」

千葉県船橋市 SM様「参加したボランティア先で知りました。その時はお世話になりました。ありがとうございました。作業が進まずあまりお力になれなかったかもしれません。皆様の生活基盤再建のため、微力ながらお手伝いが出来ればと思い、申し込みさせていただきました。おいしい海苔が出来るのを楽しみにしています。」

応援メッセージ 6月

メール・Facebookに「太陽」の皆様から「月光」へ、たくさんの応援メッセージをお寄せ戴いております。その中から抜粋し、ここでご紹介させて戴きます。皆様の心温まるメッセージ、本当に有難うございます。(尚、メール本文に個人が特定出来る内容が含まれている場合は、その箇所を除いて掲載させて戴きます)

 

千葉県船橋市 YT様先週土曜日(26日)に、千葉からの「なのはな交通バス」で行き、海苔養殖いかだ作りをさせていただきました。津波被害の大きさの前で、私にできる事が、あまりに小さいのが、お恥ずかしいです。また、海苔は、よく食べるものの、それがどのように作られてるかも、知りませんでした。当日、月光の皆様には、いろいろ教えて頂き、ありがとうございました。」

宮城県仙台市 SN様「今回の震災では本当に大変なことになり、皆さんもボウセンとした事と思います。しかし、今日ホームページやブログを拝見し、頑張っている姿を見て感銘と安心と応援をしたいと感じました。世界に誇れる美味しい海苔が生産できる松島海苔をいつまでも守り続けて下さい。」

東京都江戸川区 OA様「私自身は住んだことはありませんが、今、弟家族と母親が東松島市に住んでいます。1階が浸水し、大規模半壊でした。こちらの家の事もあり、私が直接行くことが頻繁にできず、こちらにいて私にもできる事は何かないかとネットでみてみつけました。ネットを見ていたら、息子が、自分も1口参加すると言ったので、2口申し込みます。もっともっと力になれたらいいのですが、ほんの少しで申し訳ありません。いつも実家の母が海苔を送ってくれていて、子供達は、美味しい海苔を知っているので、楽しみにしています。」

広島県広島市 MY様「何度か宮戸小学校体育館避難所・仮設住宅に支援物資を送らせていただいた縁で、OE様から震災後初めて宮戸で採れた海苔を送っていただきました。今まで私が食べていた海苔は何だったのかと思うくらいのおいしさで、衝撃でした。その後も、何かお手伝い出来ればと思っていたのですが、生活物資の提供といったニーズはなくなったと思われますし、小さな子のいる私ではボランティアもままならず・・・ふと「宮戸 海苔」で検索したところ、こちらのサイトにたどり着きました。少額ではありますが、お役にたてれば幸いです。」

埼玉県川口市 ST様「昨年、東北トラベルさんのボランティアツアーで月浜にお邪魔させていただきました。(仮設の公民館の上棟式の時)大変な中明るく過ごされている皆さんとふれあい、短い時間でしたが月浜で逆に元気をいただきました。また訪ねたいと思っていますが、なかなかタイミングが合わないため、微力ながら「月浜の太陽」のプロジェクトを応援させていただきます。以前より復興した月浜をまた訪れることを楽しみにしております。みなさん頑張ってください!!」

千葉県流山市 TT様「紹介者: KMさん。このたびのプロジェクトにささやかながらご協力できることを大変うれしく思います。一日も早い復興をお祈りしますとともに、おいしい海苔を楽しみにしています。」

大分県大分市 DT様「こんにちは。2口申し込みますのでよろしくお願い致します。月光を知ったのはトラベル東北からの紹介です。昨年何度かお邪魔し、山内さんにはお世話になりました。特に竹藪の奥から見せて頂いた岸壁を思い出します。まだまだ大変だと思います。またお邪魔しに伺います。」

東京都大田区 IY様「大崎八幡宮からのご案内で貴グループの活動を知りました。応援しています。お身体を大切に頑張ってください。」

群馬県桐生市 TC様「5月のGWの、スティーブさんのボランティアツアーでお世話になりました。農家の育ちの私には、海のそばでときどき海風に吹かれながらの作業がとても新鮮でした。(ついぽーっとしていたかもしれませんが。)懇親会での山内さんのお話は、今も印象深く残っています。この作業を通して皆さんと関らせていただけたこと、とても感謝しています。みなさんのエネルギーのおすそ分け、ありがとうございました。そして奥松島の海苔は、いままで食べたものと比べられないくらいおいしいものでした。」

東京都文京区 UK様「月浜には,高台に祖母の実家の別荘があり,幼いころには,毎夏 遊びに行かせて頂きました.波穏やかな浜と磯,そして親切な地元の方々,月浜は,私たち姉兄弟(きょうだい)のありし日の夏の大切な思い出です.是非,再建復興に頑張ってください。」

兵庫県神戸市 YN様「初めまして。私は神戸に住んでいます。阪神淡路大震災を経験して、震災の辛さはわかります。今でも少しの揺れでも体が震えフラッシュバックします。私が住む近くの須磨では海苔が取れます。なんだか他人事ではない気がして、一口オーナーになりたいなと思いました。関西テレビのニュースアンカーの山本アナウンサーが月光プロジェクトのことを言っていて共感できました^0^些細な協力しか出来ませんが、お店に来てくれるお客様にも話していこうと思います。(三宮でスナックを経営しています)応援しています。」

東京都日野市 SS様「子供の頃から毎年月浜に遊びに行ってました。東日本大震災での打撃を知りとても心が痛みました。仙台に居る兄弟からの連絡でプロジェクトを知り、わずかですが復興に役立てばと思い申し込みました。1日も早い復興を祈っております。」

福島県福島市 IY様「娘がボランティアに参加させて頂いた時の話を聞き月光プロジェクトの存在を知らされました。今年は以前のように美味しい海苔が育つのをお祈りしています。」

神奈川県横浜市 SN様「「へるすあっぷ」で 月光の記事を読み、是非とも復活してもらいたいと思いました。あの災害から1年以上経ちましたが、自分にできることは寄付くらいしかないのか、他に何かないのかと思っていましたが、月光のように目的がはっきりしたことに少しでも役立つのであればうれしいと思います。」

広島県広島市 ND様「先日、ボランティア活動で、二日間だけでしたが、海苔筏作りに携わらせて頂きました。被災地であるという一種のハンデがありながらも、それでも前向きに、地元を愛し、復興の志を立てられた、月光プロジェクトの皆様に心を打たれました。広島から月浜へはなかなか足を運ぶことが難しく、ボランティア活動になかなか関われない代わりに、微力ではありますが、私の支援を役立てて頂けたらと思います。産業の再生なくして、真の震災復興はありません。闇夜の中、照る月が道標となるように、月光プロジェクトの皆様が、他の被災地にも希望をもたらす道標となっていただきたいと思います。」

宮城県仙台市 ST様「仙台市の大崎八幡宮からのお便りの中で初めて「月光プロジェクト」の事を知りました。私の住んでいるマンションは全壊判定になり、その義援金も以前いただき建物の修繕が最近完了したので主人と話た結果、少しだけど寄付しよう!という事になりました。それで色々考えている最中に月光さんのお便りを呼んで、少しでもお役に立てるなら…と参加させてもらいます。震災で奥松島の方も被害が大きかった事はニュースや新聞で知ってましたが今回HP上のメンバー紹介欄を見させてもらって、皆さん自宅や民宿、工場等を津波でなくされた方々が多く悲しい現実を知る事ができました。心から、奥松島月浜海苔生産グループの皆様が健康で一歩一歩繁栄される事を願ってます!!」

東京都練馬区 KN様「6/16~17の東北トラベルのボランティアツアーで伺ったKNと申します。先週は、皆様に大変お世話になり、ありがとうございました。海苔の生育サイクル、収穫方法等、丁寧に教えていただき、ありがとうございました。毎日のように食べている、大好きな海苔がこのようにして作られているとは驚きの連続でした。店頭で売られている、袋に入った海苔の胞子のあかちゃんからの成育の様子が想像できると一層愛着がわきますね。(愛着がわいても食べてしまいますけれど…)船の上の収穫の様子がブログの写真にあり、更に納得。知人に、海苔のいかだ作り、と話しても「いかだ??(木で組んだ、乗るいかだを連想している)」となかなか話が通じません。私自身も、伺うまで、どんなものかわかっていませんでした。」

東京都目黒区 SF様「6/16~17にボランティアに参加しました。筏作成の作業、のり養殖の話など楽しい時間を過ごすことが出来ました。皆さんの前に進んでいく姿が印象的でした。秋芽海苔、月光一番海苔期待しています。」

宮城県亘理郡 TS様「この月光プロジェクトについては、大崎八幡宮から届いた、八幡さま便りで知りました。八幡宮で、御祈祷された参拝者に撤下品として、月浜で生産された海苔をお下げしていると書かれておりました。私も何度か御祈祷をした際にいただき、おいしく頂戴しました。そのおいしい海苔が、津波被害で再建が厳しいと聞きまして、超微力ながら、お役に立てたら幸いと思いまして、今回ほんのほんの少しですが、支援させていただきたいと思います。どうか、月光プロジェクトが成功しますように、心から祈っています。」

東京都中央区 YM様「海苔にも違いがあるとは知りませんでした。楽しみです。月光を知ったきっかけはトラベル東北のツアーで、6/2ー3、月浜で一緒に作業させていただきました。海苔の工場見学も興味あります。どうぞよろしくお願いします。」