応援メッセージ 2月

メール・Facebookに「太陽」の皆様から「月光」へ、たくさんの応援メッセージをお寄せ戴いております。その中から抜粋し、ここでご紹介させて戴きます。皆様の心温まるメッセージ、本当に有難うございます。(尚、メール本文に個人が特定出来る内容が含まれている場合は、その箇所を除いて掲載させて戴きます)

 

宮城県東松島市 FK様「被災前の月浜や、海苔養殖をされている皆様の事を全く知らない私に、どうか皆様の光を見せてやってください。」

東京都品川区 IR様「プロジェクト始動おめでとうございます。皆様の漁が、月浜が、復興していきますことを、心よりお祈りしております。気持ちばかりで申し訳ないのですが、ずっと応援しております。」

宮城県塩釜市 ET様「今回は友人を通じてこのような支援を知りました。ぜひ、お力になればと思いますので1日も早い復興を目指して下さい。」

宮城県仙台市 OT様「仙台放送での番組で皆様の新たな活動を知り勇気をいただきました。小生も何かふるさとの為にしたい思いはあってもなかなか震災の状況が状況だけに たいしたことも出来ずにおりました。申し訳ございません。今回 少しではありますが『太陽の光』になりたく思います。是非とも 昔の月浜を取り戻して欲しいです。そして 人知れず輝く月光のような 奥ゆかしさを持った月浜人として誇りを持ち 新しい月浜を創り上げてください!影ながら 応援しております。」

京都府乙訓郡 YK様「京都新聞で「月光プロジェクト」の記事を拝見し、早速ホームページを開きプロジェクトの皆さんの紹介記事を読ませていただきました。遠く離れた三陸の皆さんの再起をかけた意気込みが伝わってきます。本日、2012年2月16日 輝かしい「月光」になるよう、ささやかながら太陽になれればとの思いから参加させていただきます。」

京都府京都市 OT様「このような取り組みの方が相手の顔がみえて気持ちが伝わり良いと思います」

滋賀県大津市 OM様 「今日京都新聞のニュースで知り詳細をネットで調べ連絡させてもらいました。皆様の強い想いに感激です、すこしでも皆様のお役に立てればと考えます。」

京都府宇治市 KT様「微力ですが 協力させて頂きます。がんばっておいしいノリ作って下さい。 そしてまた民宿も再開してください。おいしいお魚食べに行きたいです。」

京都府京都市 YY様「震災が起こるまで東北は私にとって外国よりも遠い土地でした。そして今も京都からボランティアに行く勇気もない私にとって、どこに行くかわからない寄付よりも人の助けになりそうな気がしたので参加させて頂きます。楽しみに海苔を待っています。」

京都府京都市 SK様「京都新聞にて、皆さんの月光プロジェクトの活動を見て感動いたしました。少しですが、役立てて頂ければ有りがたいと思います。寒さ厳しい折ですが、皆様お体に気をつけて頑張って下さい。」

滋賀県栗東市 NT様「以前から復興復興等の寄付金はいったいどこに行っているのか、本当に役に立っているのかという疑問もあり参加はしたいけれど、どこか躊躇していました。新聞を読んで本当にお役にたてるならと思い応募いたしました。」

北海道札幌市 TK様「皆さまがどれほどの苦難に耐えておいでになったかは、想像することすらできません。でも、皆さまが一丸となって前を向き、果敢に前に進んでいらっしゃるお姿に、かえって勇気をいただいております。皆さまのご健康とご健勝を心からお祈り申し上げます。「一口オーナー」に応募させていただきました。来年の美味しいお海苔を、今からワクワクしてお待ちしています。」

栃木県日光市 WS様「大きな被害を受けましたことに、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興を心よりお祈りいたします。日本農業新聞で読みましてわずかですが、皆様方のお力になればと応募しました。皆様の今後のご活躍と復興の牽引役として地域の支えになることを期待しております。」

京都府亀岡市 SN様「私の住んでいるところは、津波とは関係のないところですが、神戸の地震の時は、激しく揺れました。被害はコップが割れたぐらいでした。大したことは出来ませんが、再建資金の足しにしてください。」

京都府城陽市 KM様「私の出身地の三重県津市は遠浅の伊勢湾に面しており、基盤産業ではないにしろ海苔の養殖もあります。私の覚えている海は海苔養殖の竿と網がある海です。海苔を送っていただく先は実家ですが、海岸から1キロほどのところなので子供の頃は深夜になると波の音が聞こえたこともありました。今は山に囲まれて暮らしており、海が懐かしいです。たった一口分の応援ですが、どうか皆さんの太陽になれますように。」

東京都北区 IM様「素晴らしいページが現れて感動しました。本当に大変なのはこれからかもしれません。でも走りながら考えるのが一番早く遠くまで行けるはずです。小さな応援で申し訳ありませんが、太陽の一口メンバーに申し込みをさせて頂きますので、よろしくお願い致します。」

京都府京都市 KE様「私たち家族はノリが大好きです。楽しみにしていますので宜しくお願いします。今年の年末を楽しみにしています。共に頑張りましょう。」

京都府京都市 SY&SK様「赤十字などに寄付をしても、用途がよくわかりません。ここなら、何も出来ない私でも、少しですがお役に立てるかも…と思いました。いただける海苔はあわせて100枚ですが、皆さんが元気にお仕事をされた成果がわかれば良いので、少しでも構いません。「要らない」となると、一生懸命再建に努めておられる皆さんにかえって失礼かと思いました。楽しみに待っています。一歩ずつ前進していける事を、心から願っています。お体に気をつけて、頑張って下さいね(^-^)/~~」

岩手県奥州市 KY様「東松島という場所は親類夫婦が教職の場所で、一時音信不通の時期がありました。また、仕事上同種という(農業)自然を相手にしている事から人ごとではなく感じ、一抹ではありますが志気に通じるものがあればとの思いで一口オーナーに参加させて頂きます。」

滋賀県長浜市 OF様「月浜と遥か離れた地におりますが、こうして知り合えた縁を大切にしていきたいと思っています。何も大きなことは出来ませんが、月浜がその名の通り美しい海を取り戻し、活気ある町になりますよう、応援しております。」

京都府京都市HY様「遠方で何も出来ずもどかしい気持ち一杯ですが、ささやかな応援続けます。共に気長に前進<#!!>」

千葉県山武市 NT様「先般、取材でお邪魔した際にお土産でいただいた海苔が家族に大変好評でしたので「月光の太陽」に応募しました。いつの日か、再び美味しい海苔が食べられることを楽しみにしております。」

千葉県船橋市 TK様「宮城県には幼稚園、小学校低学年の頃に住んでいましたし、松島にも何度か行ったことがあり、今回の震災で何か支援はできないものかと思っていました。いろいろなところを通じて寄付もしていますが、寄付したお金がちゃんと被災者の皆さんのお役にたっているのか、実感がわかずに歯がゆい思いでした。オーナー制度なら少しでも直接にお手伝いできるということで、是非と考えた次第です」

広島県広島市 OK様「この一年、なにか自分にできることはないかな、と思い続けてきました。広島もかつては海苔の一大生産 地で、仕事柄、地域の子どもたち相手に海苔すき体験教室などを開いています。その資料集めをしている中でこのプロジェクトを知りました。少しでも お役にたてば幸いです。」

滋賀県野洲市 MY様「今回、ささやかですがわずかでも復興の手助けになればと一口だけ申し込みさせていただきます。毎日、TVや新聞などで中々進まない復興に政府や色々な機関に対し、苛立ちと怒りを感じていたのですが、先日、新聞で一口オーナーの事を拝見し「やっと、私達で出来る事が見つかった!」と思いました。私たちに何が出来るのか?もし何かしてもちゃんと復興に直接届くのか?いつ届くのか?ずっと気になっていましたが・・・直接、こんな形で協力できて良かったです。こちらでは想像もできない寒さの中で暮らして居られると思います。季節も、暮らしも、暖かな日々が早く来ることを、遠くからお祈りしています。」

滋賀県草津市 OM様「20才の頃、故郷の三重県でカツオ船に乗船していて、カツオの水揚げでは宮城県女川や石巻で大変お世話になりました。水揚げの後に必ず行ったお風呂屋さん、行き付けの飲み屋さん。無くなったのですね。宮城県松島は三重県伊勢志摩とよく似た地形で、ふるさとを感じさせる場所であります。皆さんが頑張ってノリ養殖されている宮戸島・月浜にも是非行って見たいと思っております。関西のびわ湖の在る滋賀県からも皆さんの復興を応援しております。」

宮城県仙台市 YE様「月浜の海苔はとても美味しいですね香り、パリパリ感、愛情…と、100満点だと思います。美味しいのでたくさんの友達に広めますね」

宮城県仙台市 S社様「大きな被害に合われた皆様方が、着実にそして逞しく行動を起こしていらっしゃることをお聞きし、僅かではありますが、社員有志で賛同させて頂くことに致しました。私どもも、地元に根を張った一企業として、これまでと変わらずその土地歴史、風土、そして人々との関係を大切にしながら活動して参りたいと考えたいと思います。ともに頑張っていきましょう!」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です